先輩インタビュー 【管理本部 本間】

photo 管理本部総務経理部
マネージャー 本間 未希子
2008年入社

豊国印刷入社の経緯

私は前職では人事コンサルタントの仕事をしていました。クライアント先へ赴き、打合せをしながらそれぞれの会社の特性やトップの思いを反映した人事制度づくりのお手伝い、運用のお手伝いを行なう仕事です。コンサルタントの仕事は、日々新しい気づきや発見・反省もあり、非常にやりがいのある仕事でしたが、クライアント先に対して、その会社の「外部」から行なうサポートには、自分の力のおよばなさや壁・限界を感じることも多くありました。「機会があれば、自分自身が所属する会社の人事制度を一社員として、自分自身にも関わる制度として構築してみたい」という思いが強くなっていたその時期に、新人事制度を構築・導入するところだという豊国印刷の求人を見つけ、これはチャンスとばかりに入社しました。

実際に入社してみてどうかと聞かれますと、これまた新たな壁が乱立し、なかなかうまくいかないものだと実感しています(笑)。外部からサポートしていた頃より、会社の内部について、また社員一人ひとりについて以前のコンサルタントとしての関わりより、よくみえてくる部分も大きいだけに、多方面からみたいろいろな事情を加味しながら制度に反映させていくことの難しさを感じます。100%マルチな制度というものはありませんし、自分ではこれが最善では? と思っても組織の考えとしてそうならないこともあります。また会議の場やたくさんの人を介して情報や決定事項が伝わっていく中では、意図した方向や思いがなかなか伝わらないこともあります。これを壁だと思って立ちすくんでいても何も変わりませんので、この壁を打開していくことこそ「内部」にいるからこそできる自分の仕事と思い、取り組んでいきたいと思っています。

総務経理部の仕事内容

豊国印刷は大企業ではありませんので、総務経理部の仕事は人事制度あるいは人事まわりの仕事にとどまりません。経理・財務のエキスパートももちろん在籍していますが、みんな自分の専門分野だけを行っていれば良いということにはなりません。営業本部・データ制作部・印刷製造部など各部署の社員が快適に働けるよう、“縁の下の力持ち”としての役割も大きく求められます。社員からの業務や就業に関する相談対応もあれば、ゴミの廃棄をどうするかといった雑多なものまで、仕事内容は多岐に渡ります。あらゆるものに対して、スピードや正確性をもった対応が求められる反面、単なる「処理」ではなく人間としての気づきや思いやりなどもお互いに必要なのだと思います。これら雑多な仕事は(正直なところ・・・)面倒に感じることもあります。しかしその面倒なことも含めた一つひとつの仕事が、自分の守備範囲を広げる経験になっています。いろいろな角度からの意見や要望にこたえ、これを対処・調整していくことで、自分自身も成長できるのがこの部署の仕事です。

これから目指したいこと

管理本部は効率性を高めていかなくてはならない部門です。営業のように売上を上げられるわけでも、データ制作や印刷製造のように何かを生産できるわけでもない部門だからです。会社にとって必要不可欠な存在ではあるのですが、あくまでも縁の下で支える部隊です。この部隊が「言っても動かない」「いつまでたっても変わらない」状態では、会社のお荷物になってしまいます。社員がより快適にのびのびと仕事をしてもらうためには、総務経理部に何ができるのか、それを追求していくことを忘れてはならないと思っています。

また、私自身が担当する分野としては、メンタルヘルスやセクハラ・パワハラ対策などもあります。これらは働く環境の中で負の要因となり、やる気や能力・生産性を阻害しますので、そういった阻害要因を取り除くことも重要な仕事の一つだと思います。

まだまだやるべきことはたくさんあります。一つひとつ壁をよじ登り、あるいは取り崩していきたいものだと思っています。総務経理部は人との出会いを大切にし、コミュニケーションをとることが好きな人にはオススメのやりがいのある仕事です。