職場紹介 【生産本部(データ制作部)】

常務取締役 生産本部長 岡田秀樹

データ制作部とは?

印刷業界では、「製版」または「プリプレス」という呼称が一般的ですが、豊国印刷ではあえて「データ制作」と呼んでいます。その背景には、最新のデジタル技術で幅広く出版社を支援するサービスを手掛けていることや、紙媒体にとどまらない多メディアへの展開を支える部署としてデジタルコンテンツを生み出す、まさに「制作」としての自負を持っているからです。もちろん書籍組版や、コミック製版、カラー製版といったいわゆる製版技術を基盤としていますが、当社のデジタル技術によって制作されるデータは信頼性の高いアーカイブデータとして保管されると同時に、データベースにも登録されていきます。データ配信に向けての各種データ素材加工や、モバイルデータのオーサリング、電子書籍向けのテキストデータ加工など、出版コンテンツのあらゆる展開を支援することを前提にデータを制作し運用していくことが豊国印刷のデータ制作部の根幹となっています。出版社よりお預かりする原稿や原画、画像を広く世の中へ発信していくための、新しい出版ビジネスに不可欠なサービスは、単に制作のみには留まりません。各種編集業務への支援や技術検証を通して、出版業務全般に渡るお手伝いができるDTPエキスパートやデジタル技術スタッフがサポートしています。出版物を迅速かつ正確に作り上げるため、書籍やコミックに精通した校正技術の蓄積にも力を注ぎ、どこよりも信頼が得られ完成度の高い出版物の制作部門を目指しています。

最新のデジタル環境

photo

豊国印刷の制作環境は、24時間、365日、監視の下に非常にセキュリティーの高い管理を行い、外部からの不法侵入やデータ流出といったデータ保全上の不安のない運用が実現されています。膨大なデータ管理を運営するためのサーバーシステムはリダンダントなシステム構成となっており、高速なネットワーク基盤などには最新の技術を投入し、専任の技術スタッフが日常のメンテナンスにも従事しています。デジタル制作に欠かせないソフトウェアの開発やカスタマイズももちろんですが、制作工程の自動化による効率改善や制作精度の向上を目指して、出版物制作に精通した技術展開を行っています。アーカイブデータやサーバーに保管されているコンテンツデータの活用・運用にもデータ管理専任のスタッフが常に従事し、信頼性と迅速性に対応できる管理運用のシステムを構築しています。さらにこれからデジタル・コンテンツ流通がより活性化していくことを見越して、新しいコンテンツ管理情報を提供するシステムも連動させ、煩雑になりがちなデジタル・コンテンツ流通にも充分に対応できるサービス環境を整備しています。

書籍制作

photo

書籍制作は、新刊本や雑誌、文庫などの文字組版から、電子書籍向けテキストデータ処理などを手掛けています。各種書籍やシリーズ毎の制作・校正ルールを整備し、完成度の高いデータ制作を実現しています。また各種テキスト処理ツールの開発や技術サポートによる制作支援や、編集・校閲業務への支援も行い、よりよい出版物制作の流れ作りをお手伝いしています。

コミック制作

photo

コミック制作は、雑誌や単行本のデータ制作から各種デジタル配信データのオーサリング処理までを手掛けています。とりわけ自社開発である自動処理によるコミック制作システムや、コミック特有の画像処理技術などを駆使して最新のデジタル処理でコミック制作を広範囲にサポートし、各種・配信データへの迅速な展開を実現するシステムも構築されています。近年は国内、海外を問わず多国言語での制作も手がけ、欧米、アジア市場への展開にも寄与しています。

カラー制作

photo

カラー制作は、画像処理を中心に雑誌の紙面や書籍の装丁、カバーなどを手掛け、カラー出版物の色再現を重視しながら完全データの集版まで一貫して対応しています。画像処理においては、コミックの口絵などの色再現や修正・加工を始めとして、特色の処理から各種画像処理まで紙面、電子配信を問わず幅広い技術に精通し、出版製作分野を補間しています。

NDD(Next Door Design)

photo

エディトリアル・デザインのサービスは、出版物を世の中に送り出す際のイメージの具現化のお手伝いをしています。

書籍装丁、ブックデザインから雑誌の紙面レイアウトまで美しく読みやすいデザインから個性の光るデザインなどニーズに合った丁寧な仕事を手掛けています。