職場紹介 【管理本部】

取締役 管理本部長 佐藤 博

管理本部の体制

photo

管理本部の機能は、どのような業種でも会社経営に欠かせない業務が多くを占めています。管理部門として、少人数ながら全社的な問題を公平公正で迅速丁寧に対応しています。

まず人事労務担当は、人材の募集や採用、社員の研修や教育などの能力開発、諸規定の策定や改定、給与・社保・福利厚生、庶務的業務を行っています。コンプライアンス、メンタルヘルス対応、パワハラ・セクハラ対策などへの取り組みも重要課題になっています。最近では、女性社員の育児休業後の復職支援や介護休業の相談業務などが増えています。

経理財務担当は、会社の財産管理・資金管理および予算案の策定や決算業務などの財務・税務関連業務が中心になっています。さらに株主総会の準備や資料作成も重要な業務です。日常業務は、会計・出納処理業務や売上・請求業務を主体に行っています。

その他の役割は、管理本部全体で役割分担をしながら対応しています。社内就労環境の維持・改善、社内設備・営繕関連、什器備品の管理や調達、郵便関連業務などの庶務業務および社内広報、文書管理業務(契約書の作成と管理)は、迅速かつ丁寧に対応しています。

対外業務は、関連業界団体や各種金融機関、税務署、法人会、警察及び消防関係などの対応をしています。

今後の管理本部の課題は

管理本部は、社員が快適に業務を遂行できるよう縁の下で支える部署です。職場環境や人間関係を快適にして、社員が効率よく仕事をし、力を発揮してもらうことが使命です。 そのためにも会社生活の基盤となる諸規程・人事制度を整備し、必要に応じて修正していくことが最重要課題です。特に評価制度の効果を上げ、社員のモチベーションを高めて生産性を向上させることが業績アップにつながると考えています。もう一方の取り組みとして、安定した収益構造にするために、売上や費用の問題点を把握し、収益構造を分析することも重要な仕事のひとつです。社業の変革を事業計画に沿って毎年見直しながら、経営に生かす役割も担っていきます。

最近は、講談社グループの一員としてグループ内での役割を明確にして存在価値を高め、業務の標準化や効率化をグループ各社と協力しながら進めています。

求める人材

管理本部に必要な人材は、コミュニケーション能力が最も必要とされます。全社員と接する機会の多い部署であり、社員のプライベートにも対応してもらう必要があるので、優しさと思いやりを持ち、他人のために尽くす、他人の立場に立って考え行動できることが大切になります。この生き馬の目を抜くような厳しい時代にこそ、他人に見返りを求めない古き良き昭和の人が必要ですね(笑)。

今、時代は変化の激しいときです。この変化のスピードに対応するには、専門性も不可欠な要素です。経理・財務、税務・会計、人事・労務、総務全般などスペシャリストであり、かつゼネラリストの対応もできる人が何よりも今の管理本部が求める人材であると考えています。